約束 By 英霊来世

英霊来世(えいれいらいず)は、平成22年(2010)に特攻隊や大東亜戦争で戦った日本人の心を唄う、衝撃の愛国ラップユニットとしてデビューした。齋藤俊介を中心とするユニットは、戦後60年特別企画として、「日本が好きになる歌」をテーマに、靖国神社が 広く一般からオリジナル楽曲を募集した、「戦後60年記念の歌」の応募から始まった。
デビュー以来、私は彼らを高く評価している。デビューアルバムに収録された「まもるべきもの」https://www.youtube.com/watch?v=IBA6B… はメッセージソングの名曲だが、平成28年(2016 ) にリリースされた「約束」も、靖国神社の秋の慰霊イベントのテーマ曲に採用された美しいバラードだ。静けさの中に戦争を戦った父母の世代、祖父母、曽祖父母の世代の日本人へのへ想いと感謝の気持ちが込められた名曲である。鎮魂の中に若い世代による未来への責任、覚悟が示されている。
なお、この動画に使用した画像は、この15年で折に触れて靖国で撮った写真を使用した。(西村幸祐)

「約束」歌詞 作詞・作曲/英霊来世 編曲/DELA
あの坂の上 あなたに会いに行こう
いつか約束をしたから
時間を越えて 悲しみも超えて
きっと ここでつながれるから

澄み渡る空の青さと
白い真っ直ぐな石畳
舞い散る桜 吹き抜ける風
感じる あなたの温もりを

ああ 何も知らなかった
ああ 知ろうともしなかった
ああ 「後に続くを信じる」と
そう言って旅立った あなた達に応えたい 今

靖国へ行こう あなたに会いに行こう
ありがとう 伝えたいから
いつも いつでもここで
僕たちを 見守ってくれているから

教えて欲しい あなたに
昔どんなことがあったのか
あなたの気持ち あなたの想い
受け取って伝えなきゃ ぼくたちが

ああ 何もできなかった。
ああ しようともしなかった
ああ 僕に何が出来るのだろう
そう言ってあきらめて
言い訳ばかりしていた
だから

靖国へ行こう 靖国で会おう
あの約束を 果たしたいから
時間を越えて 悲しみも超えて
ずっと 繋がっているから

ああ あなた達の想いを
ああ 無駄には出来ないから
生きるよ 繋げていくよ
精一杯歌うよ こんどこそ 負けないよ
だから

僕にも出来ること できるだけやります
それしか 今は言えないけれど
もう少しだけ見守って下さい
ごめんなさい そしていつもありがとう

靖国へ行こう 皆で行こう
ありがとう 伝えに行こう
僕達の為に 明日の為に
日本を 護ってくれたから


日本政府による歴史的答弁。慰安婦の「強制連行」も「性奴隷」も嘘!慰安婦強制連行は、朝日の捏造にとって広められた。

日本政府による歴史的答弁。慰安婦の「強制連行」も「性奴隷」も嘘!
慰安婦強制連行は、朝日の捏造にとって広められた。

2016年2月15日、連合国(国連)ジュネーブ女子差別撤廃委員会

歴史的な連合国(国連)での日本政府の答弁。朝日新聞の捏造によって「従軍慰安婦強制連行」という虚偽が世界的に流布された、と外務省杉山審議官が歴史的な答弁を行なった。


英国の超有名作家、ヘイトスピーチ規制を批判!! スウェーデンが移民政策と言葉の規制で崩壊しつつあることを説明しています。

英国の超有名作家、ヘイトスピーチ規制を批判!!
スウェーデンが移民政策と言葉の規制で崩壊しつつあることを説明しています。
Pat Condell
パット・コンデル(パトリック・パット・コンデル)英国の作家・コメディアン1950年生まれの英国人。80年代にコメディアンとして活躍し、同時に詩人として執筆活動に。1991年にタイムアウト・コメディ賞を受賞。2007年からYouTubeなどで政治・社会批評のメッセージを発信し始める。そのメッセージが人気を博し20万人以上のフォロワーを獲得し、アクセスは5000万以上のヒットとなっている。
移民でスウェーデン終了(字幕付)


オリジナル動画「Sweden goes insane BY Pat Condell」


国会には北朝鮮のスパイがいる!拉致事件は隠蔽されていた!


拙著『反日包囲網がアベノミクスを壊す トクアノミクスの正体』から、拉致問
題についての記述を抜粋し、それを基に動画を作成してくれた人がいます。
最近知ったのですが、こちらでも配信をします。
動画作成者の方にお礼を申し上げます。(西村幸祐)


学徒出陣70周年戦没学徒追悼会 平成25年(2013)10月21日


平成25年(2013)10月21日、国立競技場で学徒出陣70周年戦没学徒追悼会が開催された。約100人の元学徒兵や各大学OB、市民有志が参加、黙祷の後、献花が行われた。
国立競技場のマラソンゲート内側に「出陣学徒壮行の地」記念碑が建てられたのは、学徒出陣から50年目になる平成5年(1993)10月21日だった。ちょうど、河野談話が出された年で、日本がバブル崩壊後「失われた20年」に入って行った頃である。それは、現在、第二次安倍政権であることの歴史的意味も示唆している。また、奇しくも10月21日は49年前の東京オリンピックでマラソンが行われた日。こんな偶然にも何か不思議なものを感じる。アベベ選手が優勝し、マラソンゲートを2位で入った円谷幸吉選手が英国のヒートリ-にトラックで抜かれ、3位になった。
多くの方が挨拶されたが、当時早大3年生だった寺尾哲男さんがこの記念碑を国立競技場改修後もこの地に残して欲しい、と訴えたのには驚いた。正直、そんなことも決まっていないのか、と。
当時、女学生で競技場のスタンドから行進する学生を見守った渡邊米子さんは、帰り道に友達と「あの中で何人の方がお戻りになるのか」と心配したという話や、偶然、行進の中にいた人と戦後結婚することになったが、生き残った人たちが死に物狂いで働いて、経済大国を作ったことを忘れないで欲しいと語ってくれたことが心に残った。
最後に挨拶した鳥居泰彦元慶應義塾塾長は、各大学に記念碑がないのはおかしなことで、慶應、早稲田にはあるが、東大にはない。慶應の記念碑でも戦没学徒の名前を刻むこともできない。と、そんな異常な状況を訴えて、たとえば靖国でも支那や韓国が色々と文句を言うが、日本人の心が一番の問題だと、鋭い現状認識を語ってくれた。
【挨拶された方】
寺尾哲男さん 早稲田大学出陣学徒 海軍第14期飛行予備学生 元海軍中尉
渡邊米子さん 和洋女子専門学校の学生として70年前の壮行会に参加。戦後結婚
          した渡邊貞和氏は当日の行進の中にいた。ご主人は当時、東京商
          大=一橋大の出陣学徒、海軍第14期飛行予備学生として特攻部隊
          に配属、出撃前に終戦。
鳥居泰彦さん 元慶應義塾塾長、慶應義塾学事顧問 交詢社理事長 経済学博士
70.jpg


慰安婦は売春婦 Comfort Women the truth /テキサス親父


「This video is permitted to re-post to YouTube by the original YouTuber (copy right holder) PropagandaBuster.」
(この動画は、著作権者であるYouTuberのPropagandaBusterより複製の再アップの許可を貰ったものです)
PropagandaBuster inadvertently states that the Korean women in question were captured in the Philippines. However as the U.S. Army report states, they were in fact captured in Burma (present day Myanmar).
There is a contentious issue between the nations of Japan and South Korea regarding certain women known as “Comfort Women.” Simply this issue is that the Koreas are claiming that the Japanese during and before World War Two forced Korean women to perform as “sex slaves” in brothels for the Japanese military. The Japanese reply that these women were recruited and were paid prostitutes employed in those brothels.
There is a report in various formats floating around the Internet titled:”Japanese Prisoner of War Interrogation Report No. 49.”
Written in 1944 (ten months before the War’s end) by the U.S. Army, the report is about the U.S. Army’s interrogation of some of these captured Comfort Women. They were “captured” and not “freed,” because they were with the Japanese Imperial Army in Burma fleeing from the advancing U.S. military.
The report states that these women easily admit they were recruited by the Japanese, although some of the recruiting was deceptive. Basically the Korean claim that Comfort Women were sex slaves forced into prostitution is shown to be a lie from this U.S. Army report. When this report was written, both Japan and the USA looked for anything to use as propaganda against the other side. So it would have been easy and productive to write in this report that the women were forced, but that would have been a lie. So to keep the report private because it had no propaganda value it was marked “SECRET.”
According to these women they were well paid and enjoyed many activities with the Japanese soldiers – circumstances one would not associate with “sex slaves.
“This report exposes the lie underlying this issue. What is disgusting is that the Koreans are littering the U.S.A. with monuments / plaques dedicated to the Comfort Women and condemning the Japanese for forcing women into sexual slavery. Currently four communities in the USA have been suckered into placing these disgraceful monuments / plaques: Nassau County, New York, New Jersey, Detroit, Michigan, and Glendale, California.
These Korean Comfort Women hucksters are only interested in extorting money from Japan and creating a wedge issue between the people of the U.S.A. and Japan. These monuments / plaques need to be removed because they represent a lie and serve as an insult to the nation and people of Japan.
Link to documents used in this video:
texas-daddy.com/comfortwomen.htm
You can get a copy of the interrogation report yourself by contacting the U.S. National Archives and Records Administration (NARA). Please note that it may take up to 2 months for the report to arrive. It is suggested that you check with NARA to confirm that they have received your request.