平成24年4月28日「すべての拉致被害者を救出するぞ! 国民大集会」家族会のみなさんの訴え


平成24年4月28日 日比谷公会堂 「すべての拉致被害者を救出するぞ! 国民大集会」にて収録。(画面ぶれ、また、前半にノイズおよび音ずれがございますことをあらかじめ陳謝申し上げます)
曽我ひとみさん、横田滋さん・早紀江さん、有本明弘さん・嘉代子さん、市川健一さん・龍子さん、飯塚耕一郎さん、本間勝さん、横田哲也さん、斉藤文代さん、松本孟さん、寺腰昭男さん、北野政男さん、内田美津夫さん、増元照明さんの訴え


The U.S.-Japan Alliance and the Debate Over Japan’s Role in Asia/石原慎太郎氏スピーチ【拡散要件】




A fixture on Japan’s political scene, long-time Governor of Tokyo (1999-present) Shintaro Ishihara is far and away one of Japan’s leading political figures. Given Tokyo’s dominant size, the views of the Governor are very important in Japanese political debate on the issues of the day, domestic and international. Governor Ishihara will share his views on the U.S.-Japan Alliance and other issues with a Heritage audience, to be immediately followed by a panel discussion from two prominent American experts/practitioners on U.S.-Japan relations. We hope you will join us for what promises to a lively event.


『危機に瀕する日本』日韓紛争概説 第2巻: セックスと嘘と従軍慰安婦【拡散要件】


出典:YouTube
NHKや外務省などが本来制作すべき動画を、見事に非常に高いレ­ベルで完成させてくれたことに感謝いたします。
2007年にワシントンポスト紙に出稿した、米国下院慰安婦対日非難決議案121号に反対する意見広告の制作に、私も微力ながら協力しましたが、このように民間の力で素晴らしい動画が制作されたことを思うと、あの努力も決して無駄ではなかったと思います。
今回、この動画制作に携わった全ての人々に敬意を表し、感謝を申し上げます。
※このコメントはYouTubeのオリジナル動画のページに寄せたものですが、ここでも改めて加筆し、掲載いたします。(西村幸祐)


2012年3月10日チベット・ピースマーチと中国大使館抗議【拡散要件】


出典:「rfuj0904 さんが 2012/03/11 にアップロード」
2012年3月10日東京渋谷で行われた在日チベット人コミュニティー主催の「2012 チベット・ピースマーチ・イン・ジャパン」とその後に行われたStudents for a Free Tibet Japan主催の中国大使館抗議の動画です。
※在日チベット人コミュニティーの告知より。
www.tibetancommunity.jp/?p=357
2009年以降、25人のチベット人がチベットの絶望的な状況により自らに火を放ち、そのうち18人が死亡しました。そして今年の1月23日と24日、中国四川省ダンゴ、­セルタ、ンガパ、ギャロンとその周辺のチベット人居住区にて、中国警察は基本的人権の否定と悪くなる状況を訴えるため平和的に集まったチベット人数百人に発砲しました。相­次ぐ焼身抗議とそれに伴って強化された中国からの弾圧によって、チベットは今、ますます危機的状況に陥っています。今回はこれら現在進行形の事実を日本の人々に知っていた­だくために歩きたいと思います。皆さんのご参加をお待ちしております。ご支援、ご協力のほどよろしくお願い致します。チベット・ピースマーチとは、チベット民族蜂起――1­959年3月10日、ラサの民衆が蜂起して中国軍と対峙、ダライ・ラマ法王14世が亡命を余儀なくされ現在へと至る――を忘れず、チベットの平和と自由を求めて世界各地で­実施される平和行進です。
集会内容。”Mimanglanglue” チベット蜂起の歌、”Tseme yonten”唱和、在日チベット人コミュニティー ロサン・イシ氏、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 ルントック氏、宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会 善光寺 徳行坊 若麻績敬史氏、メッセージ 参議院議員 山谷えり子氏、龍蔵院デプン・ゴマン学堂日本別院 ゲシェー・ロサン・イクニェン師、チベット問題を考える会 真言宗智山派雪蔵山十善院住職 小林秀英氏、Students for a Free Tibet Japan ツェリン・ドルジェ氏、チベット国歌斉唱、在日チベット人コミュニティー ドルマ・セーリング氏。
・チベット民族平和蜂起53周年記念日におけるロブサン・センゲ首席大臣の声明
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
www.tibethouse.jp/news_release/2012/120310_LobsangSangay.html
・チベット民族蜂起から53年を迎え、中国当局にチベット弾圧の即時停止と問題の根本解決を求める
Students for a Free Tibet Japan
www.sftjapan.org/nihongo:m10appeal2012
※ラジオフリーウイグルジャパン Radio Free Uyghur Japan
rfuj.net/
※アジア自由民主連帯協議会
freeasia2011.org
フリーアジアなイベント情報はfreeasia2011.orgでご確認ください。
【上記出典より引用】


Stand Up For Tibet : Save Tibetan Lives – SIGN Petition on www.StandUpForTibet.org 【拡散要件】


出典:YouTube「TibetArchive さんが 2011/10/20 にアップロード」
Like or Thumbs Up & Share to show your support for Tibetan people – Click here for more Tibet videos www.youtube.com/TibetArchive
17 Tibetans have Self-Immolated Calling for Freedom in Tibet & Protest against China’s 60+ years of Brutality on Tibetans inside Tibet. Link : www.savetibet.org/resource-center/maps-data-fact-sheets/self-immolatio
SIGN This Petition: standupfortibet.org/enough/dk-speakup-petition-1/
Tibetans inside Tibet have been protesting for 60+ years for Freedom in Tibet from Chinese Brutal Occupation !
Link: www.phayul.com/news/article.aspx?id=30179&article=A+Tibetan+nun+di
October 17: Reports coming out of Tibet confirm the demise of yet another Tibetan, this time a nun, after she torched her body in an apparent protest against China’s continued occupation of Tibet.
Tenzin Wangmo, around 20 years of age, set herself on fire at around 1 pm local time in the Ngaba region of eastern Tibet today.
The exile base of Kirti Monastery, citing eyewitnesses, in a release today said that Tenzin Wangmo self immolated on a crossroad near her monastery, the Mamae Dechen Choekhorling Nunnery, about 3 kms away from Ngaba County.
“Tenzin Wangmo was engulfed in flames as she marched on the streets for nearly 7 to 8 minutes raising slogans calling for the return of His Holiness the Dalai Lama from exile and religious freedom in Tibet,” the release said.
Tenzin Wangmo died immediately.
According to the release, nuns from the Mamae nunnery carried Tenzin Wangmo’s body to the nunnery and despite repeated warnings from Chinese security personnel, refuse to give possession of the deceased’s body.
“The Chinese authorities have given the nuns an ultimatum to either hand over the deceased’s body or bury Tenzin Wangmo’s body by tonight,” the release said.
The situation around Mamae nunnery, which is the largest nunnery in the Ngaba region with over 350 nuns, is being described as tense.
This is the ninth incidence in this year alone when a Tibetan has been driven to the extreme sacrifice of burning one’s own body as a last resort of peaceful action against the Chinese government’s repressive policies in Tibet.
The first 17 days of October has already witnessed five self-immolations in Ngaba region.
Khaying, Choephel, and Tenzin Wangmo succumbed to their injuries while Kesang Wangchuk is being described in critical condition. There is no information as yet on the whereabouts of Norbu Damdul who was last seen being taken away by Chinese security personnel on October 15.
The Central Tibetan Administration in a release earlier today said that His Holiness the Dalai Lama will be presiding over the “grand prayer service to mourn the tragic self-immolations in Tibet” scheduled for October 19 in Dharamshala, north India.
(上記出典より引用)
下記も参照ください。
●焼身自殺した尼僧の映像を公開
 youtu.be/SL55tEuORd8