【田母神横領買収事件】公選法違反も認識、悪質な嘘と隠蔽工作、支持者への裏切り.[桜H28/4/6]


昨日までの報道では、自身の責任や違法性の認識を否認していた田母神俊雄氏でしたが、­本日の報道によると、公職選挙法に抵触する認識を持ちながら、運動員への報酬を拠出し­ていたことが明かとなりました。その他の政治資金の私的流用と合わせ、客観的事実を冷­静に確認していく必要があることを申しあげておきます。


【ニュースの読み方】トランプはカードになるのか?[桜H28/4/6]


日本や韓国に対する「核武装容認論」を掲げるドナルド・トランプ氏は、米政界の主流派­からは異端扱いされ、メスメディアからも敵視されているが、彼の言っていることはそれ­ほどおかしな事なのであろうか?現実に行われている米軍再編の流れや、松井大阪府知事­の発言が無視されるメディアの現状などと共に、米国が差し出す「核の傘」の破れ具合に­ついて指摘しておきます。


【藤木俊一】国連の皇室典範への干渉を許すな![桜H28/4/6]


国連の女子差別撤廃委員会で、唐突に浮上した「皇室典範」への見直し勧告は、日本政府­の強い抗議により幻と消えたが、事前の審議が無く取り上げられたことは異例であり、そ­の背後事情を確認しておく必要がある。今回は、ジュネーブで女子差別撤廃委員会に出席­された藤木俊一氏をお招きし、国連で暗躍する反日日本人と日弁連の工作についてご報告­いただきます。


【パナマ文書】特権階級の隠し資産が白日の下に、中共にとっては致命傷か[桜H28/4/6]


世界の富裕層や大企業が、租税回避のために利用していたタックスヘイブン。その全容が­記された「パナマ文書」が公開され、世界中の特権階級層に衝撃が走った。特に深刻なの­が、清廉を装って権力掌握を進めてきた習近平国家主席周辺であり、共産主義体制下であ­りながら、世界最悪の搾取が行われてきたことが証明されようとしている。中国共産党独­裁体制の崩壊のトリガーともなりかねない重大ニュースについてお伝えします。